2月 8日放送 山出 久男さん




今回の”GOA〜L”は、ゲストにサンフレッチェ広島 普及部部長 山出 久男さんにお越し頂きました。

Q: サンフレッチェに入社する以前は、学校の先生をなさっていたそうですね。
A: 6年前まで、矢野小、大河小で小学校の先生をしていました。放課後、生徒達とサッカーをしながら、サッカーだけで生活できる環境を求めていました。
Q: 主に、どのような仕事をなさっているんですか?

A: 子供達を中心に指導しています。将来サッカーをしている人、サポーターの層を増やしていく事を目的としています。全国各地、1万人ほどの子供達と接し、とにかくサッカーを好きになってもらうこと。これが全てです。

Q: サンフレッチェの選手の中にも、昔から接している選手がいるそうですね。

A: 森崎兄弟や田村、木村、森脇、桑田、高柳選手などですね。特に森崎兄弟とは、小学2年から6年までの5年間、一緒に練習していました。身長が高く、足も速かった。とにかくずば抜けていました。双子ならではの「あうんの呼吸」でゴールを奪うことが何度もありました。野球を選んでいたら、カープの選手になっていただろうと思えるくらい色んな素質を持っていました。

Q: 人生育成の極意とはなんですか?
A: とにかく相手をほめる事。これは、どの年代の人にも言えることですね。

来週のGOA〜Lは、日刊スポーツ 奈島 宏樹さんをお迎えしてお送りします。

来週もお楽しみに!